つれづれなるままに

一眼レフ 永遠の初心者(^o^)・KAZUの写真日記

今日は朝から雨で桜撮りはお休み。
時間が空いたので古い写真を整理してみました。

改めて見るとやはり圧倒的に桜の写真が多い。自分でも好きなのは分かってたけど、まとめて見ると同じような写真ばっかし……(^_^;)

2007年の写真 これは桜じゃなくて桃かも(笑)
2014_03_30_01.jpg


2008年の桜
2014_03_30_02.jpg


やっぱり基本的な構図とか全然分かってないから、昨日撮ってきた写真と同じような印象ばかり受けます。
今までコンパクトデジカメは3台ほど買ったけど、買ったばかりの頃は浮かれた気分でいろいろ撮りまくり。でもそのうち飽きてしまってまったく触らなくなる、の繰り返しでした。

結局は写真の基本的な知識が備わってないから、自分の思ったような写真が撮れず、飽きちゃうんですね。
しかし今回は気合いを入れて一眼レフを買い込んだので、今までのようにはなりたくない。
「趣味はなんですか?」と聞かれたとき「写真です」と答えられるようになりたいと思ってます。
まあ、長い年月が必要になるとは思いますが(笑)

少しずつでもいいから基本を勉強して満足のいく写真を撮れるようになりたいと思います。

で、昨日の撮影と今日の参考書読みを通じて、まず1コだけ理解。

・撮影モードは【絞り優先モード】がおすすめ

・絞り(F値)を小さくすると背景がボケる写真が撮れる(一輪の花や小物)
・絞りを大きくすると隅々まで見渡すようなシャープな写真が撮れる(風景写真など)

一つだけかしこくなったKAZUでした。

錦糸町から歩いて亀戸へ。
サンストリートの隣の緑道公園は桜の並木道で、今の季節、お散歩には最適。でもやっぱりここでもソメイヨシノは三分咲き。
明日は雨のようだし、来週末まで持つかなぁ。仕事をしているとどうしても写真撮りに歩けるのは週末だけなんですよね。
桜はせいぜい持って10日間程度。
パッと咲いてパッと散る。そういう一種のはかなさが日本人の感性に訴えるモノがあるんでしょうなぁ。

2014_03_29_21.jpg


やっばり満開になっていたのは白い桜(なんて品種なんだろう、見てくればよかった)
2014_03_29_22.jpg


オマケの河津桜
2014_03_29_23.jpg


河津桜が終わっていて残念とか言ってたら、なんとうちの近くに1本だけ咲いてました。(灯台下暗し)
満開の河津桜、逆光になってしまって暗く見えますが、ホントはもっと明るくてキレイです。
道路側から撮ればもっとキレイに撮れるんだけど、まさか車道に乗り出すわけにもいかず(^◇^;)
2014_03_29_24.jpg

猿江恩賜公園を後にして錦糸町へ。
ついでにヨドバシに入って気になっているレンズを見てきました。

巷の噂によると高倍率レンズとやらが使い勝手がいいらしい。
広角から望遠まで1本でカバーできるから、ダブルレンズキットを買ってレンズを交換する手間が省ける。つまり2本レンズを持ち歩かなくて済むということ。
確かに初心者は外でレンズ交換なんておっかなくって出来ませんわな(笑)

でも反対に腕を上げるためには単焦点レンズで構図をしっかり覚えろという説もあるようで。
ネットって確かにいろいろな情報を得ることが出来て便利なんだけど、入ってくる情報が多すぎて、下手するとそれに振り回される危険もありますわな。
まあ自分にとって何が一番重要なのか、よく考えて判断することも必要なようです。

話がそれちゃったけど、年度末でひょっとしたら値下がりしてるかも……と思ったお目当ての単焦点レンズは、まったく値下がりしておらず、早々に退散。錦糸公園に向いました。

先週までなんとか咲いていた河津桜はほとんど散ってしまっていて、ここでもソメイヨシノは三分咲き程度。
でも何本かの枝垂れ桜が満開になっていました。

2014_03_29_12.jpg


やっぱり風で揺れるのでイマイチぼけ気味。
2014_03_29_13.jpg


ソメイヨシノはここでも三分咲き程度。
2014_03_29_11.jpg

2014_03_29_14.jpg


駅前に1本だけあったピンクの枝垂れ桜。まだ開花したばかり。
2014_03_29_16.jpg


やっぱり背景をうまくボカすのは難しいわ~。
2014_03_29_15.jpg

↑このページのトップヘ