つれづれなるままに

一眼レフ 永遠の初心者(^o^)・KAZUの写真日記

まずは一番近場の猿江恩賜公園の桜。
あまり知られていないようですが、近所では名の通った桜の名所。園内に植えられているのはほとんど桜です。

満開になるとソメイヨシノの並木道になるんですが、残念ながらまだ三分咲きと言ったところ。
ソメイヨシノとは違う白っぽい桜だけがほぼ満開でした。

2014_03_29_03.jpg


風が強くってどうしてもブレ勝ち。でも初めてにしてはうまく背景ボケさせることができたかな。
2014_03_29_02.jpg


ちなみにソメイヨシノはまだこんな感じ。
2014_03_29_04.jpg

D3300を購入したのは23日。
日曜の午後でしたので、その日はこれと言って撮影はナシ。
実質今日が初めての出動(笑)となります。

2014_03_29_01.jpg

近所ではありますが、桜を撮りに三カ所ほど回ってきます。
ちなみにマニュアルを流し読みした程度で操作方法ほとんど分からず(大丈夫かいな)

長年の念願だったデジタル一眼レフカメラ、とうとう購入しました。
数年前から気になってはいたのですが、熱しやすく冷めやすい性分なので、買っても使いこなせずタンスのこやしになるのではないかと……。
そんな理由でずっと購入を見送ってきたのですが、最近になってお友だちがPanasonicのGX7を購入しまして。
楽しそうな様子をブログにアップされているのを見て、とうとう我慢が出来ずヨドバシに走ったわけです(笑)

ちなみにワタシが買ったのはこれ↓
2014_03_27_01.jpg


Nikonの一眼レフ入門機モデル、D3300 18-55 VRII レンズキットの赤です。

これにたどり着くまでには本当に紆余曲折ありまして。
まず最初に考えたのが、軽量が売りのミラーレス一眼や高性能のコンデジの購入でした。

なんと言っても一眼レフは重くてデカイ(^_^;)
いくらいい写真が撮れると言っても、女性が気軽に持ち歩けるものとは思えませんでした。
それにお店とかでケーキや料理の写真を撮りたくなっても、さすがに一眼レフは持ち出しにくいだろうし。

しかしどちらかというと自分の撮りたいものは風景や花など自然の景色。また動物なども機会があれば撮ってみたい。

ネットを徘徊して調べた結果、ミラーレス一眼の長所はその軽さとスタイリッシュな容姿、短所は交換レンズの少なさ(メーカーにも寄りますが)と動く対象に弱いこと。
お値段を考えると、そうそう買い換えることもないだろうし、やはり自分の用途に合ったものを購入しようと思い、この時点でミラーレスとコンデジは却下。

で、一眼レフで交換レンズが豊富となるとNikonかCanonの二択となりまして。初心者モデルとしては定番のCanonのKiss X7にしようかと思ったのですよね。

でもKissにもいろいろランクがありまして、

●一番軽くてイチ押しモデルと言われているのがX7
●X7よりやや性能が上でバリアングル液晶が売りのモデルがX7i
●必要最小限の機能に絞り価格を安く抑えたX70

軽さで言えば一番なのがX7ですが、付属となっているレンズはX7iとセットになっている高倍率レンズの方が魅力的。
かと言ってX7のボディと高倍率レンズを別々で購入すると、X7iより高値になってしまい、コストパフォーマンスが悪い。けどX7iは結構重い。
X70は価格が抑えてあるだけあって、さして軽量というわけではなく初心者モデルとしてはイマイチ。

考えすぎて頭の中がグルグル回っていて、そんな時に見つけたのがこのD3300でした。
はっきり言って一目惚れに近い状態。その全体的に丸っこいコロンとした姿と深いワインレッドの色合い。はい、見てくれに惚れました(笑)

でも詳しく調べてみるとこのD3300、なかなか侮れない機種でして。
今年の2月に発売されたばかりのモデルで軽さは40gほどKiss X7より重いものの、セットになっているキットレンズは新開発のオススメレンズでいわゆる【カメラ通】の方々もこのレンズ欲しさにD3300の購入を考えているというスグレモノ。
その軽さのおかげでキットレンズを装着した時点ではKiss X7と10gほどしか違わない。
Nikonというとカメラのプロが使用するという堅いイメージがあるけれど、このD3300は初心者用モデルだけあってガイドモードなどがついている親切設計。

最終的に実機を持ってみた結果、やっぱり一目惚れしたD3300が一番しっくり手に馴染むという感じがして……。
即効でお買い上げとなりました(笑)

ちなみに一緒に買ってきたのが、レンズを守るための保護フィルターと液晶画面に貼る保護フィルム。それとデータ用のSDHCカード(32GB)
SDカードはSDXCという規格のものもありますが、PCによっては読み込めないものもあるようでSDHCがオススメのようです。
32GBは必要ないかと思ったのですが、のちのちLAWとJPEG、両方の形式で保存することも考えると容量の多い方がいいかと思い、32GBの方にしました。

このコを持ち歩くためのカメラバッグはこれ↓
2014_03_27_02.jpg


Gollaという確か北欧のメーカーが出しているものです。
中にはマジックテープで固定できる仕切りが二つついています。
2014_03_27_03.jpg

実はコレ、数年前にコンデジを購入した際、一緒に買っておいたもの。
コンデジにはバッグなんて必要ないのですが、コレもD3300同様、一目見て気に入ってしまい、いつか一眼レフを買ったときのためにと衝動買いしたわけです。
なんで必要ないのに買ったかというと、Gollaのバッグは一年ごとにモデルチェンジするので、その時に買わないと次の年にはもう売っていないのですよ。
ワタシはとにかく理屈抜きに桜が好きなので、このバッグどうしても見逃せなかったのです。

後、アマゾンで購入したのがこの二点。


【Amazon.co.jp限定】HAKUBA ドライボックス 5.5L スモーク メンテナンス用品 3点SET (ブロア、液晶クリーニングペーパー、レンズクリーニングペーパー) HTMB-YM【Amazon.co.jp限定】HAKUBA ドライボックス 5.5L スモーク メンテナンス用品 3点SET (ブロア、液晶クリーニングペーパー、レンズクリーニングペーパー) HTMB-YM
(2012/02/06)
ハクバ

商品詳細を見る



世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書
(2010/04/23)
中井 精也

商品詳細を見る


お手入れ用グッズが一通り入った防湿ボックスと初心者用のガイドブックです。(何事もカタチから入るKAZUです)

とりあえずコレで一通りは揃ったわけで(揃ってないのは写真を撮る本人の腕だけです)

元を取るためにもなんとかこのコを使いこなせるようにガンバらなければ!!!(^O^)

↑このページのトップヘ