つれづれなるままに

一眼レフ 永遠の初心者(^o^)・KAZUの写真日記

二日続きの強風と大雨のせいか、今日は今頃の季節にしては珍しく空が澄んでいたような気がします。
その効果もあったのか、新緑の風情がちらほら

目に優しい緑
2014_04_05_12.jpg

澄んだ空を撮ってみたくて……
2014_04_05_11.jpg


おまけ(笑)
2014_04_05_13.jpg

先週は三分咲きだったご近所の桜。
今週こそはと気負って出かけたのはいいんですが、心配していたとおり昨日までの強風と大雨で半分近く散ってしまっていました
明日も荒れ模様のお天気らしいし、ほとんど散ってしまうでしょうね。
どうやら満開の桜は来年までお預けのようです。

なので今日は桜を撮るというよりは、カメラの練習に出かけたような感じでした。
木曜に行ってきた講習会の復習を兼ねて、ホワイトバランスいじくったり、露出を補正してみたり……。
同じ桜を撮っていても、ホワイトバランスを【晴天】から【曇天】に変更しただけで全然色味が違ってくるんですね。

カメラ通の方からすれば、何を当たり前のこと言っとるんじゃい!ってなことになるんでしょうが、ど素人のワタシには新鮮な驚きの連続でして。
なんか新しいオモチャを与えれた子供の心境です。楽しいんだわぁ

猿江公園の広場の桜。満開だったらもっとキレイなんですけどねぇ
2014_04_05_01.jpg


比較的花が残っていた桜
2014_04_05_02.jpg


桜の中から顔を出したスカイツリー
2014_04_05_03.jpg


この花は花海棠
2014_04_05_04.jpg


枝垂れ桜は、ほぼ満開でした。
2014_04_05_05.jpg


これはまた違う種類の桜。べにナントカだったような(名前忘れた)
2014_04_05_06.jpg


来年こそは満開の櫻を撮りたいデス。

前にも写真を載せましたが、この我が愛機……
2014_04_04_01.jpg


ちょっと気になる部分があったんですよね。つまりココ!
2014_04_04_02.jpg


買った時から気にはなってたんです。こんな形だとホコリが溜りやすいだろうに何で剥き出しなんだろうって

まあ、そういう仕様なんだろうから仕方ないかと考えてたんですが、昨日行った講習会でお隣の方のカメラを見てビックリ! ちゃんとカバーがついてるじゃありませんか

でも他の方のカメラはワタシ同様の剥き出し状態。
お隣の方のカメラはD3200でワタシより一つ前のバージョンのカメラでした。

家に帰って早速ググってみたところ、かの部分はホットシューと言って外部のフラッシュを取り付ける部分で、一つ前のD3200は最初からカバーが付属していたようでした。
なんでD3300には付いてないのかしらん。こんなところでコスト削減なのかなぁと思いながらも、外部のフラッシュなんて新聞記者じゃないんだから、まず取り付けることはないだろうと思い、カバーを取り寄せて付けることにしました。

ヨドバシカメラで見てみたらNikon純正のホットシューカバーBS-1 165円。
165円、165円、165円……
おそらく原価なんて10円そこそこのシロモノでしょう。こんなところでケチるなよ、Nikonさん、と言いたいところデス。

165円、じゃないホットシューカバーを取り付けた図
2014_04_04_03.jpg


まあこれで変なところにホコリがたまるのは防げるでしょうから、よしとしましょうか。

ググってみて気づいたんですが、今はおしゃれなカメラ女子が増えているせいか、ホットシューカバーも可愛いがたくさん出てるんですねぇ。

こんなんとか
【HIPSIONG】一眼カメラホットシュー用キャップアクセサリー#シロクマ【HIPSIONG】一眼カメラホットシュー用キャップアクセサリー#シロクマ
()
titosoy

商品詳細を見る


こんなんとか
おしゃれかわいいデザインホットシューカバー(うさぎ) (ホワイト)おしゃれかわいいデザインホットシューカバー(うさぎ) (ホワイト)
()
BUNISHU

商品詳細を見る


ジュエリーを思わせるようなカバーとか、検索するといろいろ出てきます。
本格的なカメラ通の方から見れば噴飯モノかもしれませんが、こういう遊び心ってワタシは好きですねぇ
まあ自分のカメラに付けようと思いませんけどね。
あんな耳のでっかいウサギさん付けたらバッグに入れる時、邪魔でしょうがないでしょうが(笑)

↑このページのトップヘ