つれづれなるままに

一眼レフ 永遠の初心者(^o^)・KAZUの写真日記

京成バラ園はその名のとおり、バラが売りの庭園ですから、バラの種類の多さや規模は旧古河庭園の比ではありません。

とりあえず目につく花を一通り~なんて考えて、写真撮ってたら最後の方はもうバラでお腹いっぱい(笑)という感じでした
6時すぎにバラ園に入って出てきたのが10時半……。
4時間以上、写真撮ってたわけです。合計700枚近くいきました。

けどこんだけ撮っても、満足できるような写真は皆無でしたねぇ
つーか、4年前にコンデジで撮った写真と見比べても、正直あんまり差がないような
はっきりしているのは、赤のバラの写真はダントツでデジイチの勝ち、というくらいでした。

コンデジでカメラまかせのオートで撮っていれば、まあそれなりの写真は撮れているということですね。
一眼レフでもオートで撮れば、それなりの写真は撮れると思うんですが、それじゃわざわざ一眼レフを買った意味がない。
そう思ってとりあえず絞り優先オートを使ってカメラの設定いくじくりながら、悪戦苦闘している日々が続いてます。

まあ3月に桜の写真を撮った頃に比べれば、少しはマシになってきたようには思うんですけどね。
とりあえずフルオートで撮ったのと同じ程度には撮れるようになってきたかな~と

とりあえず、比較的マシな写真をアップしておきま~す


2014_05_17_11.jpg


2014_05_17_12.jpg


2014_05_17_13.jpg


2014_05_17_14.jpg


2014_05_17_15.jpg


2014_05_17_16.jpg


2014_05_17_17.jpg


2014_05_17_18.jpg


2014_05_17_19.jpg


2014_05_17_20.jpg


2014_05_17_21.jpg


2014_05_17_22.jpg


2014_05_17_23.jpg


2014_05_17_24.jpg


2014_05_17_25.jpg

今日は早起きして4年振りに京成バラ園まで行ってきました(朝の4時起き)

土曜の下り始発電車と言うのは、結構混んでいたりします。
(終電に間に合わなくて朝帰りの方々が多いから)

前に乗ったときは電車の中がお酒の匂いプンプンでしたが、今日はそうでもなかったみたい。
(それでも眠りこけてる方々がほとんどでしたが)

なんでそんなに早く…と言うと、京成バラ園はバラの見頃の週末に限って、朝6時から開園してるんです。
ゆっくり写真を撮るのなら、人の少ない(と言っても結構多いんですが)時間帯の方がいいですからね


2014_05_17_01.jpg


入口前から花・花・花
2014_05_17_03.jpg


ベルサイユのぱらと来ましたか(笑)
2014_05_17_02.jpg


園内のあちこちにバラのアーチがあります
2014_05_17_04.jpg


園内は早咲きのバラは満開、散りかけているバラもありました。
一方、遅咲きのは、まだ硬い蕾のままというのも多かったので、来週末になればまた違ったバラが見られそうです。
う~ん、もう一回くらい来ようかな。
しかし二週続けて4時起きはツライかも

ワタシは風景とか花とか撮るのが好きなんですが、花の中でもうまく撮れるのと撮れないのがありました。

その最たるモノが赤い薔薇です。
今まで何度かコンデジで撮ったことがあるんですが、どうしてもあの鮮やかな赤が出なかったんです


最初に買ったオリンパスのコンデジで撮った薔薇
2014_05_11_41.jpg
なんだか赤のクレヨンで塗りつぶしたような写真になってます


その次に買ったキヤノンのコンデジで撮った薔薇
2014_05_11_42.jpg
くすんだような、色が抜けているような、変な色


まあどれもオートで撮ってばかりいたので、設定に問題があるのかな~と思っていたんですが。
昨日、ニコンカレッジに行った時、どういう設定で撮ればあの赤になるのか講師の先生に聞いてみました。

すると先生いわく
「それは設定うんぬんじゃなくて、カメラの実力」なんだそうです。

デジカメは元々、赤とか紫という色に弱くて表現するのが苦手。
新しい機種になればなるほど改善されてはきているけど、やはりコンデジには限界がある。
デジイチで撮れば、見たとおりの鮮やかな赤が出るはず。

それを聞いて、とにかく試してみたくて旧古河庭園に薔薇を撮りに行ってきたんですが。
先生のお言葉どおりでした


2014_05_11_25.jpg


そう、この【赤】なんです。撮りたかったのは!!!

この薔薇が撮れただけでも一眼レフ買ったかいがあったなぁと幸せな気分になれたKAZUでした

↑このページのトップヘ