近所の公園の池で、睡蓮が咲いているとのことだったので、午後からカメラ持って行ってきました

あ、もちろん三脚は持ってないですよ(笑)
あれはベランダから花火とかスカイツリーを撮るためのモノで、当分持ち出す予定はありません

いや、試しにベランダからスカイツリーを手持ちと三脚固定、同じ設定で撮ってみたんですが、はっきり言って……。
まったく差は分かりませんでした(爆)

タムロン16-300mmは高倍率ズームという性格上、画質がよくないせいもあるんだろうと思いますが。
(それとワタクシに見る目がないのもあると思いますが

手ぶれ補正機能がしっかり働いてくれているせいなのか、パソコンで拡大して見てもどっちがどっちだかじぇんじぇ~んわっかりませ~んというのが感想

今のカメラは優秀なので、屋外で撮る普通の写真では手持ちと三脚固定のはっきりした差は出ないのかもしれませんねぇ。
三脚がその真価を発揮するのはやっぱり夜景や花火の撮影なのかな。

おっとと、話がそれましたが、睡蓮を撮りたいのと16-300で花のマクロ撮影をしたら、どの程度撮れるものかを確認したくて、行ってきました。

お目当ての睡蓮。
コレ、撮っていた時は気がつかなかったんですが、白の睡蓮って以外と汚れやすいんですね。肉眼では目立たなくても後でPCで見てみると、結構白の花びらが黄ばんでたりして、あまりきれいなのがありませんでした。

一番マシだった花です。
2014_07_20_23.jpg


蓮も咲いてたけど形がイマひとつ。
2014_07_20_24.jpg


肝心のマクロ。他にも試してみましたが、これが一番うまく撮れました。
2014_07_20_25.jpg


こういうレンズでマクロ撮影する場合、望遠側で近づけるだけ近づいて撮るのが基本のようですが、前にバラの写真を撮ったニコンの18-140mmレンズに比べると、イマイチ描写がシャキッとしないような気がしました。
もちろん本格的なマクロ撮影をするのなら、マクロ用のレンズ(ニコンではマイクロレンズ)が必要なんだろうと思いますが、取りあえずは花の接写などをする場合は、18-140mmで撮った方が良さそうです


百日紅が見頃になってました。
2014_07_20_22.jpg


2014_07_20_21.jpg


300mmあると、鳥が近くに飛んで来た時、すぐに対応できますね。
2014_07_20_26.jpg