今日はお天気もよく撮影日和なんですが、梅は少し時期が早く……。
なので前から気になっていた目黒の雅叙園に行って来ました(^^)v

ここの通称・百段階段は東京都の指定有形文化財になっていて【昭和の竜宮城】と呼ばれているそうです。
雅叙園自体は結婚式場なんですが、百段階段では四季の折々にいろんなイベントが開かれていて、この時期には全国から集めた雛人形が飾られているとのこと。
今年はみちのくの時代雛が主に集められていました(^o^)

残念ながら百段階段は撮影禁止なので写真はありません。
なのでパネルで雰囲気だけ感じて下さい(笑)
2016_02_11_01

ただ思ったよりずっと混んでいて、上野のパンダじゃないけれど『立ち止まらずに歩いて下さい』状態でした。
人混みが苦手なアタクシは、さささっと見てすぐに引き上げとなりました(^◇^;)
イベントの種類によっては撮影OKな時もあるようなので、またその時に写真を撮りに行こうと思います。

昔のお雛様も見応えはあったんですが、ワタシとしては館内の装飾そのものの方に興味を掻き立てられました。
昔のものなので色は褪せていたけれど、創建当時はまさに竜宮城と呼ぶのにふさわしい場所だったんだろうと思います(^^)v

ロビーに飾ってあった盛岡のお雛様。福々しいお顔がステキでした(^o^)
2016_02_11_02
2016_02_11_03
2016_02_11_04

雛人形の周りにはつるし飾り
2016_02_11_05

百段階段へ繋がるエレベータの扉。螺鈿細工が施されてます。
2016_02_11_06

エレベーターの中も超豪華(*゚Д゚)
四方が螺鈿細工で飾られてました。乗ってる時間が短いので一面しか撮れなくて残念(>_<)
2016_02_11_07