タイトルでもうお分かりかと思いますが……(__;)
はい、なんだかんだと言いながら買ってしまいました。

タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)
2016_03_21_01
結局アクマの誘惑に屈しました(爆)
自分でもこれほど堪え性がなかったかと呆れております。

もうホントにこれでカラッケツです。マジで緊急緊縮財政へ突入です(ーー;)

ここに至るまでのいきさつや心中の葛藤などを書いていたら原稿用紙10枚分くらいになると思うので(笑)それは省きますが。
このレンズの手ぶれ補正について、とりあえず実物を見て、店員さんに今回の補正強化がどの程度のものなのか聞いてこよう……なんてのこのこアキバに出かけたのが間違いでした。

F017を見つけて、隣においてあった一つ前のモデルのF004とどこがどう違うのか傍にいた店員さんに聞いてみたんですが。
「あ、それならタムロンの販売員が近くにいますので呼んできますね~」なんて言われてしまったわけなのです(; ̄O ̄)

詳しい話をすると長くなるので要点だけを言うと、気になっていた手ぶれ補正の強化については、

てぶれ補正が強化されたというより、もう一つ加わったと考えて下さい。
今までマクロ域は手ぶれ補正の効果が薄いと言われていましたが、今回の追加によってマクロ域でも補正が利くようになったと言えます。

この【マクロ域でも補正が効く】という言葉が三脚キライのワタクシの
直球ど真ん中ストライクだったわけです(^◇^;)

今持っているF004は手放すことになるので、出来れば下取りで取って貰えるキタムラかマップカメラで買いたかったんですが、残念ながら両方とも現在在庫ナシ(それはあらかじめ調べてありました)
そうなると今週末の桜には間に合わなくなるので、ヨドバシで新レンズを値切って買って、キタムラに旧レンズを買い取って貰いました。

現時点でのF017のネット最低価格は75,330円、ヨドバシはそれにポイント分を上乗せした83,700円。
交渉の結果、79,800円まで下げて貰ってポイント10%、実質71,820円でお買い上げ。

で、新レンズを持って帰って、すぐさま旧レンズを持って再びアキバへ。今度はキタムラの中古買取りセンター(^^)v

キタムラではネットであらかじめ買取価格を調べて上限は25,200円。
こういう時のために(笑)大事に使っていて傷もないし、備品は箱、保証書はもちろんレンズを包んであったビニール袋に至るまでちゃんと保管してあります。

予想通りの満額回答で71,820円-25,200円=46,620円
一緒に購入した保護用のフィルターも入れれば実質50,000円の持ち出しとなりました。

くぅぅ~(>_<)
春はいろいろ物入りだってのにこの5万は痛いわぁ~。
タムロンさん、発売したての高いレンズ買ったんだから、せめて今度のレンズは最低5年くらいはリニューアル勘弁してね(笑)

キタムラから帰って早速試し撮り……と言ってもマクロレンズで撮るようなものが家の中にないので、近所に咲いていた河津桜を撮って来ました。

あいにく曇り空だったので露出補正でかなり明るくしてあります。
2016_03_21_02
2016_03_21_03
2016_03_21_04
2016_03_21_05
マクロ写真は狙った一点だけクッキリしていれば後はボケボケでOK(^^)v

マクロレンズはMFで三脚使用が原則ですが、今は三脚不可の場所も多いですし、ワタシのような三脚ギライもいることですし(笑)
前に一度MFに挑戦してみたんですが、慣れてないせいもあってほとんど全滅(⌒-⌒; )
AFで撮った写真の方がうまく撮れてました。

新しく加わった(らしい)手ぶれ補正(というよりシフトぶれ補正)の効果はよくわからなかったんですが(をい)
この分ならAF+連写でなんとか行けると思います(あくまでも自分比ですけど)

今年の春は元を取る意味でも(笑)花写真は90mmマクロ一択ですな。
コレ絶対choviさんが速攻でチャチャ入れに来るんだろうなぁ(⌒-⌒; )