実は昨日は午前中にリビングフォト・クレール、そして午後からリビングフォト・ダークシックと二つの講座を1日で受けて来ました。
いつもなら当日にアップする記事が今日になったのは、お昼を挟んだとは言え合計6時間の講義を受けたもので、さすがに疲れて写真を編集する気力が残ってなかったからなのでした(笑)

講座を申込みする時に、リビングフォトは人気があって抽選になる確率大と聞いていたので、どちらかが受かればいいや~と思って両方申し込んでみたんですよね(^^ゞ
思ったとおり、クレールは当選したもののダークシックの方は落っこちて、当初はクレールだけの参加予定だったんです。

ところがキャンセルが出たとかでダークシックの方も受講可能と連絡が来て「う~ん、どうすべぇ」となったのでした(笑)
この講座は三ヶ月に一度しか開催されていないので、これを逃すと10月~12月の間のいつかになるわけで。
10月、11月くらいならいいけど万が一12月とかだったら、ちょっと行けそうにないし(ーー;)

それに自分が受けたいのはどちらかというとダークシックの方だったので、いいやこの際両方受けちゃえ~となったのでした(^^)v
スタジオを1日借り切って、同じ場所、同じ先生が講義するわけだし、お昼も入るからなんとかなるだろうと思ったわけです。

そんな無茶するのはワタシくらいかと思ったら、20人の受講者のうち6~7人はそうでした。やっぱり皆さん考えることは同じみたいです(笑)
でも同時に受けたメリットは予想より大きかったです。

ダークシックは名前に表現されているとおり、クレールとは対照的に露出をマイナスにしていわゆるローキーな写真を撮る講座です。
午前のクレールの時と被写体がほとんど同じですから、同じ物を撮っていてもセッティングやカメラの設定でここまで違う写真が撮れるんだとマジで実感できましたからね(^^)
2016_09_04_21
小物類は別として、花は午前中とまったく同じものを撮っています。でも雰囲気は全然違っています。
2016_09_04_22
2016_09_04_23
2016_09_04_24
2016_09_04_25
2016_09_04_26
2016_09_04_27
2016_09_04_28
2016_09_04_29
2016_09_04_30
2016_09_04_31
2016_09_04_32
やっぱり自分的にはこちらの雰囲気の写真の方が好きですね(^o^)
特にバラやダリアなどの自己主張の強い花(女王様タイプ?)は少し周囲が暗い方が映えるような気がしました。
合計6時間の強行軍でしたが、楽しい1日になりました(^^)v