記事をアップするのが遅れてしまいましたが……。
昨日、ヨドバシでD7500の展示機を触って来ました。
D7500に関しては発表された時点で、ちょこっと感想など書いてますが、とにもかくにもワタシが重視しているのは本体の重さ。

前モデルより軽量小型化が図られたとは言え、写真で見る限りでは正直「あんまり変わってないんじゃない?」というのがホンネでした(^_^;)
重量にしても45g軽くなったと言われても重量640g、D3300の後継機・D3400は395gなので250gの差があります。

なので自分としては、D7500はナシだろうなぁ~なんて思ってたんですよ。
最新の画像処理エンジン「EXPEED 5」が採用されるであろう次期D5000シリーズ機が発売されるまで気長に待つしかないと。

で、実際D7500を手に持ってみて、自分的にどうだったかというと……。
アリだったんですよね、困ったことに(笑)

写真で見るとあまり違いは感じられなかったんですが、筐体が少し薄くなったことでグリップが深くなっていて。
しっかり握れるようになったせいか、それとも重量バランスそのものが改善されたのか、重さを持て余す感覚が全くなかった……。
そのせいか、D7100、D7200の両機を手にした時の「重い、デカイ」がまったく感じられなかったんです。

ワタシは身長150cmないチビなので、当然手も小さくて。
以前のD7000シリーズを持った時は文字通り手に余るって感じでした。

でもD7500を持った時には「あれ? これ軽いじゃん(*゚Д゚)」なんて思えたわけでして。
マジでアリなんですわ、困ったことに(爆)

まあ発売されたばっかでまだまだ強気の価格設定だし(;^_^A
これから夏にかけては、あまり撮りたい被写体もないので今すぐってわけではないんですが。

D7500は、しっかりワタクシの購買対象に入ってしまったのでした(困ったにゃあ/笑)