箱根旅行の楽しみと言えば、いわずと知れた温泉です(^^)
今回は快気祝いとまでは行かないまでも、母が元気を取り戻せたお祝いなので、ちと張り込んでみました(笑)

今回お世話になったのは箱根湯本にある【箱根花紋】さん。
全16室のこじんまりとしたお宿なので、アットホームな感じで落ち着けていいのではないかと思って決めました(*^^)v
2018_11_013
秋らしいディスプレイがステキです(^^)

今回予約したのは、こちらの最上階・六花(rocca)の中の【語】というお部屋。
このroccaの六室は全て源泉掛け流しの部屋付露天風呂が設置されています。
2018_11_014
和室の横にはゆったりとくつろげるリビングルーム。
そしてその正面の全面ガラスの向こうに部屋付の露天風呂が見えます。
2018_11_015
ワタシも妹も、そして母も露天風呂付のお部屋に泊るのなんて初めてだったもんで、年甲斐もなくキャアキャアとはしゃいでしまいました(爆)

食事の前にまずは大浴場でいろんな種類の温泉の湯巡り。
大規模な宿ではないので、お風呂もそんなに混んでいなくてゆっくり入れました(*^^)v

そして旅のもう一つの楽しみのお食事♪
2018_11_015_1
素材の味を生かし、だしをよく利かせた懐石料理。
もともと関西人の我々にはちょうど良い味付けで、どれもおいしかったです(*^^)v
2018_11_016
2018_11_017
2018_11_018
2018_11_019

食後にはいよいよ問題の(爆)部屋付露天風呂♪
シャワー室はちゃんと別についているので、汗を流してからゆっくり浸かることが出来ます。
目の前は竹林なので、人目を気にする必要もなし(まあこんなオバチャンとオバアチャンの入浴なんて覗く物好きがいるとも思えませんが/笑)

露天風呂が部屋についてると、朝、起きて着替えもしないでそのままお風呂に飛び込めるのがいいですね(^^)
朝から露天風呂なんて最高の贅沢だと思います。

そして旅館ならではの贅沢な朝食♪
花紋さんの朝食は「朝ごはんフェスティバル(2012)」で第一位に選ばれたそうです。
2018_11_020
これに魚の干物が付きます。内容は季節によって違うようですが5種類くらいから好きなものが選べます。
卵料理も温泉卵・卵焼き・茶碗蒸しの三種から選べます。ワタシと妹は温泉卵、母は卵焼きを頂きました(*^^)v

食事もお風呂も、そして接客も丁寧で、ここにして良かったと思えました。
また機会があれば、六花(rocca)の他のお部屋にも泊ってみたいですね(予算が許せばの話ですが/笑)
前日の雨も上がって、2日目は大涌谷まで行ってみようと思い、宿を後にしました。

予定では、湯本駅から箱根登山鉄道で強羅へ。そこからケーブルカーとロープウェイを乗り継いで大涌谷へ向うつもりだったんですが、ここでコケました(笑)

前日雨だったせいで動く人が多くなったせいなのか、土曜のせいなのか、はたまた他の理由からなのか(爆)とにかく人出がハンパないのです(^◇^;)
箱根登山鉄道は、まるで首都圏の通勤電車並の混み方。これに揺られて40分はかなりキツイです。

幸い母は親切な方が席を譲って下さったのでよかったんですが、ここまで混んでいると予想外でした。
で、強羅に着いてみればケーブルカー乗り場は長蛇の列で30分待ちのアナウンス。

ワタシや妹はともかく、母をそんなに混んだ電車に乗せるのは可哀想なのでここで予定変更。
そのまま強羅の箱根強羅公園を散歩して、彫刻の森美術館へ向うことにしました。

ここんとこ暖かい日が続いているせいか、箱根でも紅葉はそんなに進んでいなくて強羅公園でもまだ見頃は先のようでした(^◇^;)

そして彫刻の森美術館へ。
2018_11_021
大涌谷の黒たまごを食べられなかったのは残念でしたが、のんびりゆったりのコースは、母にはよかったようです。
今回の箱根旅行は、食と温泉がメインの旅となりました(笑)