初夏を通り越して真夏のように暑さになった今日(笑)
バラを撮りに行くにはまだ少し早いので、久々に美術館へと出かけて来ました。

行って来たのは乃木坂にある国立新美術館。
開館当時、その斬新なデザインで話題になった美術館です(^^)

地下鉄・乃木坂駅から直結で入れるので外観は見てこなかったんですが、その内部だけでも確かに斬新でしたねぇ(^_^;
さすがに世界に名だたる建築家・黒川紀章のデザインだけのことはありますね。

見て来たのは前々から気になっていた【トルコ至宝展】
5月20日までの開催なので週末行くのなら今週と来週しかありません。

ネットの情報ではGWもそれほど混んでいないと言うことだったので、ゆっくり見られるかな~と思ったんですが……(^◇^;)
満員とはまでは行きませんが、やはり会期末のせいかそこそこ混んでいましたね。

内部は撮影禁止なのでパンフレットの写真を切り抜いてみました(^o^)
DSC_0004_01
一番ビックリしたのは左下に写っているエメラルドの玉座の飾りでしょうか。
写真では大きさが分かりませんが、三つ並んでいるエメラルド、一つが6センチ近くあるように見えました(笑)

DSC_0005
宝石のカットこそ今の技法には及ばないものの、まあよくこれだけ細かい細工が出来たなぁと感心することしきりでした。

ただ正直言って豪華絢爛な宝石のコレクションが一杯なのかと思っていたんですが、数そのものはそれほど多くありませんでした。
どっちかと言うと、スルタンの来ていた衣服や織物系統の展示が多かったかな?
宝石類ザクザクの展示を期待して行くと肩すかしをくらうかも(^◇^;)

今日は母と一緒に出かけたので、より分かりやすいように展示会場の入口で音声ガイドを借りました。
これがホントに大正解!!
いつもなら「ふ~ん、キレイだな」で終ってしまうような場面でも、展示物に関する情報を分かりやすく解説してくれるので、より楽しく見ることが出来ました(*^^)v
もしこれから行かれる方がいらっしゃったら、絶対借りることをオススメします~(^o^)