つれづれなるままに

一眼レフ 永遠の初心者(^o^)・KAZUの写真日記

カテゴリ: カメラ・レンズ・機材

記事をアップするのが遅れてしまいましたが……。
昨日、ヨドバシでD7500の展示機を触って来ました。
D7500に関しては発表された時点で、ちょこっと感想など書いてますが、とにもかくにもワタシが重視しているのは本体の重さ。

前モデルより軽量小型化が図られたとは言え、写真で見る限りでは正直「あんまり変わってないんじゃない?」というのがホンネでした(^_^;)
重量にしても45g軽くなったと言われても重量640g、D3300の後継機・D3400は395gなので250gの差があります。

なので自分としては、D7500はナシだろうなぁ~なんて思ってたんですよ。
最新の画像処理エンジン「EXPEED 5」が採用されるであろう次期D5000シリーズ機が発売されるまで気長に待つしかないと。

で、実際D7500を手に持ってみて、自分的にどうだったかというと……。
アリだったんですよね、困ったことに(笑)

写真で見るとあまり違いは感じられなかったんですが、筐体が少し薄くなったことでグリップが深くなっていて。
しっかり握れるようになったせいか、それとも重量バランスそのものが改善されたのか、重さを持て余す感覚が全くなかった……。
そのせいか、D7100、D7200の両機を手にした時の「重い、デカイ」がまったく感じられなかったんです。

ワタシは身長150cmないチビなので、当然手も小さくて。
以前のD7000シリーズを持った時は文字通り手に余るって感じでした。

でもD7500を持った時には「あれ? これ軽いじゃん(*゚Д゚)」なんて思えたわけでして。
マジでアリなんですわ、困ったことに(爆)

まあ発売されたばっかでまだまだ強気の価格設定だし(;^_^A
これから夏にかけては、あまり撮りたい被写体もないので今すぐってわけではないんですが。

D7500は、しっかりワタクシの購買対象に入ってしまったのでした(困ったにゃあ/笑)

昨日、ニコンからD7000シリーズの最新モデルD7500が発表されました。
ニコン D7500 18-140 VR レンズキット 《2017年6月発売》
ニコン D7500 18-140 VR レンズキット 《2017年6月発売》

D500が発表されるまではD7200がDXフォーマットの最上位機でした。
D7500はどういう位置付けになるのかな~なんて思ってたんですが、予想通りというかD500の簡易版という感じでした。

自分の使い方から考えるとD500は正直必要ないというか、D7500でも十分すぎるくらいなんですが、やっぱり最大のネックは重さなんですよね(^◇^;)

D7200より軽量化されたとは言え、重さは720g、D3300より300g近く重いんです(__;)
最新の画像処理エンジン EXPEED 5 にはちょっち興味あるけど、出てくる画自体はD3300とそれほどの差があるとも思えないし……。

やっぱカメラは持ち出してナンボのものなので、これを買っても結局D3300の方を使ってしまうんじゃないかという危惧があったりします(;^_^A
まあ発売されてからのレビュー待ちといった感じですね。

それに今はボディよりレンズの方に気になっているブツがありまして(笑)
シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary ニコン用 《2017年4月21日発売》
シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary ニコン用 《2017年4月21日発売》

買うとしたらこっちの方が先かなぁなんて思っております(^^ゞ

望遠用のレンズが欲しいけど、300mm程度なら高倍率の18-300mmとかぶっちゃうし……。
かと言って150-600mm、2kg越えなんてバズーカ砲を買うオカネはもちろん、持ち歩く体力なんてさらさらないし(笑) 

そんなワタシのニーズにドンピシャのライト・バズーカ (^^)v
お値段もリーズナブルだし、御苑の鳥撮りにはまさにピッタリのシロモノです。

まあこっちを買うにしても、もう鳥撮りの季節は終わりなので今年の冬あたり、お値段も落ち着いてきた頃になるだろうと思うんですけどね。
ただコレにしても重量は1kg越えてるので、持ち歩くとしたらやっぱD3300にくっつけることになるのかな~なんて思ってマス。

そうなるとやっぱD7500は使わないかなぁ(;´Д`)
ま、どっちも今すぐ必要ってわけではないので、のんびり考えようと思ってます。

それよりそろそろヨドバシで3DS版ドラクエ11の予約でもしようかしらん(爆) 
ワタクシ、リアルドラクエ世代なもんで結構思い入れがあるんですよね。

今となっては懐かしいファミコン。
ドラクエ2の復活の呪文にはさんざん泣かされたもんです。
画像が粗いからしっかり書き写したつもりでも「ふっかつのじゅもんがちがいます」なんてメッセージが出て、前のじゅもんでやり直し……なんてこともザラでした(^^ゞ

ストーリーが薄っぺらだった9や、オンラインになっちゃった10はパスしちゃいましたが、8まではしっかりリアルタイムでこなしてたんですよね。
久々のナンバリングタイトルなんで楽しみです♪

つーか、なんでD7500の話がドラクエになっちゃったんだろ(爆) 

暑さにメゲて外出もせずに終わってしまった盆休み(;´Д`)
ブログの方もネタ切れでホッタラカシ状態に陥っている今日この頃です。

そんな中、そろそろ出る頃と期待していたD3300の後継機が発表されました。
で、本来ならこの話題で盛り上がれるハズ……だったんですが……(⌒-⌒; )


 なんかねぇ……D3400っていうナンバリング聞いた時からイヤ~な感じはしてたんですよ。
上位機種のD5300は次のナンバーは5500で400っつうのを飛ばしてましたからね。
その流れで行けば、当然D3300の後継機もD3500になるハズ。
それをあえてD3400としたっつうことは……(ーー;)

予想通り、いやそれ以上のマイナーチェンジでありました。
新型映像エンジンを積んでいるわけでもなく、D3300からの改良点ってせいぜい電池持ちがよくなった程度じゃないかしらん。

「SnapBridge」アプリ対応っつってもBluetoothなんて使わないからワタシにゃ関係ないしねぇ(;´Д`)
逆にD3300に搭載されていたイメージセンサークリーニングはコスト削減のためか非搭載になっちゃったし……。
さらに軽くなったとはいえ15gの差なんてほとんど感じませんことよ?(笑)

つーことで当然ながら買い換えは見送り。
狙うとしたら新型映像エンジンが搭載されるであろうD5500の後継機でしょうか。

まあ、ワタシが購入したD3300は上位機種のD5000番台やD7000番台を差し置いての新型エンジン搭載で下克上バージョンとなってしまったわけですから。
Nikonさんも今回はそれを避けたかったんでしょうね。
特にD5500との差別化を図りたかったんだろうと思います。

ただ今回気になったのがボディじゃなくてセットになっているキットレンズの方(^^)v
18-55、70-300の両方ともDX専用とは言え、新設計のAF-Pレンズになってます。

特に70-300の方は、前から望遠レンズの購入を考えていたので価格が落ち着いたらイッちゃうかも(^◇^;)
冬の季節、新宿御苑で鳥さんを撮るにはうってつけだと思います。

でもこのレンズ、使用できるカメラがすんごく限られてるんですよね。
ワタシのD3300はかろうじてファームウェアのパージョンアップで対応できるそうですが、それ以前のはダメ。
二世代前のカメラは殆ど使用できないみたいです。

新しいレンズ使いたきゃ本体買い換えろってことかしらん。
それもどうかと思いますわよ、Nikonさん(^◇^;)

先週の水曜にピントチェックに出したタムロン90mmマクロレンズ。
本日無事に返送されて来ました(^^)

10日前後かかるということでしたので23日くらいかなと思ってたんですが、結構早かったです。
精密機械なのでそれはそれは厳重に梱包されてきました(笑)

検査の結果は『若干の後ピン』でした。
若干……若干かなぁ(^◇^;)
ま、出来る限りの精度調整を行い、各部も点検したとのことでしたので、まずは一安心。
ファームウェアのアップデートも行ってくれたので、 ヨシとしましょう。

今回、窓口に持ち込んだ時はカメラにレンズをセットした状態でした。
修理完了後は輸送中の安全を考え、別々に梱包して返送されてきました。

保障期間内だったので、ピント調整や返送料は無料ですが、ボディキャップと後レンズキャップはタムロンの方で補充してくれて、そちらも無償♪
買えば数百円はするので、ちょっと得した気分です(^^)v

これで心置きなく花撮りに励めそう。
と言っても夏の間は特に撮るモノもなく……早く秋になってくれないかな~。
ってこれからが夏本番なんですけどね~(笑) 

真夏並の暑さのせいもあって、ここんとこ室内でトロ君ばかり撮っているKAZUです(笑)

ちゅーことで(どういうことなんだか)前から気になっていたタムロン90mmマクロレンズのピント調整のために、上野にあるタムロン修理窓口まで行って来ました(^^)v

ニコンの純正レンズなら、新宿や銀座にあるサービスセンターに持ち込めばその場で調整してくれるんですが、タムロンは工場に送って調整するとか。
受付のお姉さんによると、10日前後で完了するとのことなので、郵送をお願いして帰って来ました。
ちなみに保障期間なので、ピントチェックも郵送料も無料です(^o^)

2016_03_21_01
前モデルに比べてこちらのレンズを使っていると時々アレ?(?_?)って感じるコトがあって気になってたんですよね。
それがピントのずれのせいなのかはトーシローのワタシにはよく分らないんですが。
まあ、気になるところがあるのなら保障期間のうちに見てもらっておいた方がいいかな~と思ったわけです。

郵送でも受け付けているんですが、精密機械なので梱包とか面倒そうだし、後学のために一度覗いてくるかと久々に休暇を取って出かけてきました(そのせいで明日からまた残業ですが/笑)

夏休みに持って行くという手も考えたんですが、その頃にはメーカーの方も夏休みに入っちゃうだろうし、そういう意味では休日もやっているニコンのサービスセンターって有り難い限りです。

使用するカメラでの調整ということなので、一緒にD3300も入院する運びとなり、しばらくはStylus 1sのみの撮影になりそうです。
ま、10日くらいなら大丈夫でせう(^o^)
 

↑このページのトップヘ