つれづれなるままに

一眼レフ 永遠の初心者(^o^)・KAZUの写真日記

カテゴリ: 閑話休題

相変わらず滞りがちになっている写真関係の更新(^◇^;)

ぢつは最近カメラほったらかしで電子書籍にドはまりしております。
ipadを買って電子書籍を読み始めたんですが、これが快適すぎて『止められない止まらない』のかっぱえびせん状態になってるんですわ(^^ゞ
まあワタシの電子書籍遍歴のスタートは、今を遡ること6年半、あの東日本大震災がきっかけだったんですけどね。

話せば長いことながら……。
ワタシは子供の頃から大の漫画好きで、あの時までは六畳の自室にどでかいスライド式の本棚を置いてました。
蔵書の半分近くが漫画だったりしてました(笑)

で、あの地震です(^_^;)
地震対策のためにつっぱり棒をしていたのと、本棚の平行方向への揺れだったため被害はなかったんですが……。

マジで考えたわけですよ。
狭い六畳間なので、寝ている時に万が一この本棚が倒れてきたら逃げ場がない。
確実に本棚に押しつぶされて圧死だと(-_-;)

で、一大決心して本棚を処分することにしたわけです。
でも全部売ったり捨てたりするのは忍びない……。
それにメジャーな漫画本はともかく、マイナーな小説家さんの単行本などは将来文庫化すらされない場合もあるわけで……。

つーわけで、どうしても残しておきたい漫画や小説のみを自炊してデータ化することにしたわけです。

その頃は電子書籍はまだまだマイナーな存在で、ましてや自炊なんてやる人はワタシの周りには誰もいなくて(;´Д`)
ネットで情報検索しまくって、方法は大きく分けて2つあると知りました。

1.自炊代行サービスを使う(電子化したい書籍を送って作業一式やってもらう)
2.スキャナと裁断機を購入して自分でやる。


1.の場合

今ならBOOKSCANが大手で安心かなぁ?
印刷会社が行っているサービスなのでスキャン後の原本は、中古市場に出回らないように溶解処理されているとのこと。

データはサイトからダウンロードするわけですが、ここの最大の売りはチューニングラボです。
つまり電子書籍を読む端末に合わせて、無料でデータをチューニングできるわけですね。
スマホで読みたい人、パソコンで読みたい人、それぞれ最適なサイズで読めるのでコレはオススメです(*^^)v

お値段も一冊100円からとリーズナブル。
費用対効果を考え、かつ今後の書籍の購入は全て電子書籍と決めている人ならコレが一番だと思います。
ただし人気があるようで現在持込からデータ化まで数ヶ月かかるようです(^_^;)

ただ自炊代行で一番気になるのはやっぱ著作権問題でしょう。
BOOKSCANは対策を行っているようですが、利用される方はあくまで自己責任ってことでお願いします。


2.の場合

デメリットは初期費用がかかること。スキャナと裁断機でだいたい7~8万円。
1.と比較して元を取ろうと思うなら、数百冊いや千冊近い書籍を電子化したい人。かつ時間はたっぷりあるという人でないと無理。
そして今後も電子書籍を購入するのではなく、紙の本を買って自分でデータ化するという人に限るかな。

で、ワタシが選んだのはこの2つの方法の中間でした。

選別した200冊程の本を裁断業者さんに送って裁断だけしてもらって、購入したスキャナで自分でデータ化。
今なら1の方法で電子化して、それ以後購入する本は全て電子書籍で購入したかもしれません。

ただ当時は電子書籍はまだ黎明期。
ストアでもまだ手探り状態のところが多く、サービス撤退する業者もいたくらいです。
欲しい本がすぐ電子化されるかも分からないし、せっかく買っても購入したストアが撤退しちゃうと読めなくなる可能性大。
それなら読みたい本があったら紙で買って溜まってきたら自炊しようかと。

自炊代行サービスについても、著作権うんぬんでモメてましたしね(^_^;)
最高裁で2016年に自炊代行は違法という判決が出たようで、これに従って廃業した業者も多かったようです。
BOOKSCANはいろいろ対策を取って現在もサービスを続けていますが、グレーに近い感じかしらん。

最初は裁断機も購入しようかと思いましたが、コレいいものはでかくて重いんですよ。
それに初回分を電子化してしまえばそうそう使わないだろうし。
後で電子化したい本が出てくれば、スキャナさえあれば裁断はキンコーズとかに持ち込めばいいやと。

もちろん裁断機なしで手で解体するという方法もありますが、これはやめといた方がいいです。
自分でスキャンする場合、裁断面がどれだけきれいに切れているかどうかが勝負です。

半端にのりが残ってたり、断面が揃ってなかったりすると紙詰まりを起こして時間かかりまくります。
そういう意味でも家庭用裁断機より、プロの業者さんにまかせた方が無難だろうと考えたわけです。

結果、ワタシが購入したのはスキャナ(ScanSnap S1500)とそれを読むための端末(Sony Reader PRS-T1)でした。

パソコンで読むって手もありますが、やっぱり本って寝っ転がって読みたいじゃないですか(笑)
なのでこちらもネット検索して自炊本を読むのに向いていると言われていたSony Readerを買ったわけです。


作業したのは2011年のGW。
前もって業者さんに送っておいた裁断済みの本をせっせと電子化(PDF)しました。
初期投資のせいで遊びに行く資金もなかったので(爆)ひたすら電子化作業(;´Д`)

スキャンそのものは単純作業ですし、時間もたっぷりあるので(笑)すんなり終わりました。
ただここからが大変…というか手間がかかったんですよ。
もちろんPDF化したデータをそのままReaderに取り込んで読むことも可能なんですけど。

Reader…と言うより採用されているE Inkの問題は……。

E Inkの電子ペーパーは高いクオリティを持つが、リサイズを行った画像は細い線がかすれやすくなる。
例えば明朝体のフォントだと、横棒だけが欠けてしまうという問題が生じがち。

つまりReaderで気持ちよく読書しようとするなら、Readerの解像度に合わせてサイズを調整すべき…なんですよ。

それに元データだと漫画の文庫版が一冊100MBくらいあるわけで。
Leaderの画面サイズは6インチ、解像度は解像度 758×1024ドット。
高解像度のデータは必要ないんです。

つーことでChainLPというフリーソフトを使って元データをReader用に最適化。

ChainLPは無料にしては優れものでして、Readerの小さい画面を有効に使えるよう、PDF化した漫画や小説の上下の余白なども自動で削除してくれます。
細かい設定も出来るので使い勝手はいいんですが、こだわりだすとマジできりがないんですよね(^_^;)

この最適化作業が予想以上に時間がかかってしまい、50冊ほどやった時点で挫折……。
もう後のデータはPCで読むってことでいいや~ってことで終了しました。
まあ漫画と小説の文庫本はともかく、小説の単行本なんかは上下の余白を取っても6インチで読むのは苦しいってのもありましたけどね。

でもこれ以降漫画に限らず本を買うってことが少なくなりました。
気になる本があっても、買った後の電子化を考えると面倒になってもっぱら図書館利用。
でも小説ならともかく、漫画のラインナップってまだまだ図書館は貧弱なんですよね。


で、ここでやっと最初のipad購入に戻るわけです(笑)

6年半たって、ようやく電子書籍ストアも淘汰されて、サービス内容も安定してきた。
そろそろ自炊じゃなくて、ストアでの購入もいいんじゃないかい?
それにトシのせいで、老眼の身には6インチ画面で漫画を見るのはツライよぅ~。

つうことでipadで電子書籍(今のところ漫画オンリー)を読むようになったわけですが。
いやあ【漫画読みたい熱】が今まで抑制されていた分、一気に溢れ出しまして、アレもコレもソレも状態になっちゃったんですね(^^ゞ

でも漫画とは言え大人買いばっかやらかしてると、さすがにお金がいくらあっても足りません。
なので、ここで再びクロゼットに突っ込んであったスキャナの出番。

現在連載中の漫画はともかく、少し前の物なら既に文庫版で、しかも中古で市場に出回ってるんです。
文庫版ならページ数が多いので巻数が少ない。つまり一冊いくらで裁断してもらう場合、料金が安くなるわけで。
物によっては裁断料金をプラスしてもストアで買う半額で済んだりします。

スキャンするから中古特有の黄ばみとか全然気にならないし、遠慮なくぶった切れるし、スキャン後捨てるのも気にならないし。
で、今は新刊等はストア購入、中古文庫版が出回っている物は自炊と二束のわらじで頑張って(?)ます

自炊もね、Readerと違ってipadならサイズ修正無用なので、スキャンしたPDFをそのままコピーするだけ。
コレ、すんごく楽です♪

なので時間があれば、Amazonだのブックオフだの覗いて中古漫画本を探している毎日が続いている状態であります(*^^)v
当分続きますね、コレは~。(なんせ6年半分だから)

ちゅうことで、カメラ関連更新サボリの言い訳でありました(爆)

11日から10日間あった夏休みも終わり(^◇^;)

10日もあったのに、結局一枚も写真を撮らずで終わってしまいました(;^_^A
まあ、もともと旅行とかの予定もなかったんですが、天候不順のせいもあって特に出かけるでもなく……。
ほとんど引きこもりに近い状態で(笑)ひたすらのんべんだらりん状態で過ごしてました。

で、写真とは関係ないんですが、ちょっち自分の備忘録も兼ねて夏休み日記を書いておこうかな~なんて思ったわけデス。
この10日間でやったことと言えば……。


1.ドラクエ11(3DS版)クリア!

やっぱコレが一番ですね(笑)
thumb_pic01
thumb_pic02
(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

今までドラクエは1~8までリアルタイムでクリアしてきました。
初めてDSで出た9は出荷本数は最高だったようですが、それまでのナンバリングタイトルと違ってストーリーが薄っぺらだと感じました。

初めて途中で投げ出して、すぐ売ってしまったタイトルです。
次に出た10はオンラインだったので最初から対象外。

今回のドラクエ11は30周年記念タイトルでもあり、3DSとPS4の2つのハードで出るということで、か~な~り~期待してました。
で、久々に予約入れて当日ゲットし、ちびちびと始めてたんです(^^)v

夏休みほとんど費やしてクリアした感想は……。
原点回帰したなぁ(いい意味で)でした(^o^)

ドラクエの本質と言うべきストーリーがしっかり練られてました。
今までのナンバリングタイトルと違うところは、初回クリア後の進め方ですかね。

ドラクエはクリアした後も、いわゆる裏ボスみたいなのが存在してて、クリア後も遊べるんですが、コレはあくまでオマケでした。
ストーリー自体はクリアした時点で完結してたんですね。

その点、11の場合は、初回クリアしてからが本番というべきで……(;^_^A
副題の『過ぎ去りし時を求めて』はクリアしてから始まるんですね。
だから正確には、1番目と2番目のクリアがあると言うべきでして。

真のラストは2回目のクリア時と言えるでしょう。
結果的にプレイ時間は91時間。久々にしっかり楽しませてもらいました(^^)v

ちなみに2回目のクリアを迎えるとエンディングで懐かしの復活の呪文が表示され、それを入力することで、8月に配信になったドラクエ1が無料ダウンロード出来ます。

ストーリー的には11がドラクエ1に続いていくようです。
エンディング画面では今までのドラクエのスクショが次々に表示されて、とっても懐かしい気分に浸れました(^o^)


で、2つ目は……。
2.SHERLOCK(シャーロック)(シーズン4)鑑賞!
アーサー・コナン・ドイルの小説『シャーロック・ホームズ』シリーズの舞台を現在に持ってきたイギリス・BBC製作のテレビドラマです。
NHK・BSで7月に放送されたんですが、夏休みの楽しみに録画しておいたんです(^^)v

普段はテレビドラマってほとんど見ないワタクシですが、このシリーズだけはいつも楽しみにしてたんですよ。
1話が1時間半で1シーズンで3話構成。今回はその4シーズン目になります。

1時間半と言ってもCMナシなので、日本で言えば2時間ドラマくらいですね。それが3話続きます。
ただこのシリーズ、とにかくテンポが速いので、1話だけで映画1本くらいの中身があります。
なのでアタクシのバヤイ、一日1話見るのが精一杯(;^_^A

でも期待を裏切らず、面白かったデス。
日本でもこのくらいクオリティの高い番組を作ってくれないかな~と思います。
そしたらテレビ離れも少なくなるんじゃないかしらん。


そして、3つ目は……。
3.ipadに入れる自炊書籍作り でした(^^)v
今まで読みたかった漫画とかを電子書籍で購入して読みまくってたんですが、紙で購入してまだ電子データ化してなかった文庫本や漫画本が20冊近くあったので。
アキバで裁断してもらい、自宅でPDF化してipadに取り込みました。

後、欲しい本で電子書籍化されていないものを10冊ほどAmazonで古本で買って、コレもPDF化。

ちょっとここで自分用のメモとしてスキャン設定を書いておきます(笑)

漫画及び小説(白黒ページ)
スーパーファイン・グレー・両面読み取り・継続読み取りON
読み取り濃度の項目に関しては、『白紙ページの削除』以外は全部チェックしない。

読み取りの方向は縦方向。
横方向でやると時間は短縮できるしズレも少ないが、後でacrobatで向きの調整が必要。
そしてPDFからJpg圧縮ファイルにする場合、最初に取り込んだ向きでjpg吐き出しされてしまうので、やはり縦方向で読み込んだ方が無難。



この3つに費やした10日間。
完全に引きこもりオタクと化した2017年の夏休みでした(爆)

一ヶ月以上ブログほったらかしのKAZUです(^◇^;)

ちゃんと生きてはいるのですが(笑)とにかく暑くて出歩く気にならないのと、特に撮りたい被写体もないので、ブログ更新が滞ってます(;^_^A

で、カメラとはあんまり関係ないんですが、近況報告を兼ねて最近購入したブツについて書いておこうと思いますデス(^^)v

買ったのはこちら↓
ipad

iPad Wi-Fi 128GB 2017年春モデル です。

今までタブレットPCには特に興味なかったんですが、最近昔のマンガとかPCに保存してある自炊書籍とか読み返したくなりましてね(^◇^;)
かと言って数年前に本棚処分して取っておきたい本だけせっせと自炊してPDF化したのに、また場所をとる紙媒体の本を買う気になれなくて……。

自炊した時にそのデータを読むためにSonyのReaderを買ってはいたんですが、Readerの画面はほぼ文庫本と同じサイズ。
ここんとこ老眼がすすんでいるので、あのちっこい画面でマンガとか画像化してある新書サイズの小説とか読むのはしんどいんですわ(^◇^;)

AmazonのKindleもSonyのReaderとサイズ自体は同じですし、KindleもReaderもE-inkの画面なので、目に優しいのはいいんですが、白黒で写真集などの閲覧には向きません。
それにKindleだと購入先はAmazonに限られてくるでしょうしね。

で、前々から考えていたタブレットPCを購入することにしたわけです。

ipadにしたのは、スマホがiPhoneなので使い方に困らないだろうという安易な理由ですが(笑)2017年春モデルがそれまでのipadに比べるとリーズナブルなお値段になったから(^^)v

前モデルと言えるipad Air2から見ると、明らかにマイナーチェンジというか劣化モデルとも言えるんですが、とにかく魅力的なのはその価格です。

ワタシは電子書籍をダウンロードしたり、自炊本を読むのに容量が必要なので128GBタイプを選びましたが、32GBモデルなら4万円を切った値段で手に入ります。

通信回線付のモデルは、それより15000円ほど割高になりますが、主に室内使用なのでWi-Fi モデルで十分(^o^)

で、早速読みたかったマンガなど購入して楽しんでます。これでますますこの夏はひきこもり度が高くなるかと(爆)

しかし、今は電子書籍ストアも豊富でサービスも充実してるんですね(^◇^;)
昔、夢中になって読んでいた懐かしのベルばらが、期間限定とはいえ10巻セットで1500円とかで買えるんですから、古本屋で買うのとほとんど変わりません。

発売日に買ったドラクエ11もやらなきゃならないし、ダウンロードしたマンガも読みたいし……。
この夏はカメラとは少し縁遠くなりそうなKAZUでした(^◇^;)

タイトルでもうお分かりかと思いますが……(__;)
はい、なんだかんだと言いながら買ってしまいました。

タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(Model F017)
2016_03_21_01
結局アクマの誘惑に屈しました(爆)
自分でもこれほど堪え性がなかったかと呆れております。

もうホントにこれでカラッケツです。マジで緊急緊縮財政へ突入です(ーー;)

ここに至るまでのいきさつや心中の葛藤などを書いていたら原稿用紙10枚分くらいになると思うので(笑)それは省きますが。
このレンズの手ぶれ補正について、とりあえず実物を見て、店員さんに今回の補正強化がどの程度のものなのか聞いてこよう……なんてのこのこアキバに出かけたのが間違いでした。

F017を見つけて、隣においてあった一つ前のモデルのF004とどこがどう違うのか傍にいた店員さんに聞いてみたんですが。
「あ、それならタムロンの販売員が近くにいますので呼んできますね~」なんて言われてしまったわけなのです(; ̄O ̄)

詳しい話をすると長くなるので要点だけを言うと、気になっていた手ぶれ補正の強化については、

てぶれ補正が強化されたというより、もう一つ加わったと考えて下さい。
今までマクロ域は手ぶれ補正の効果が薄いと言われていましたが、今回の追加によってマクロ域でも補正が利くようになったと言えます。

この【マクロ域でも補正が効く】という言葉が三脚キライのワタクシの
直球ど真ん中ストライクだったわけです(^◇^;)

今持っているF004は手放すことになるので、出来れば下取りで取って貰えるキタムラかマップカメラで買いたかったんですが、残念ながら両方とも現在在庫ナシ(それはあらかじめ調べてありました)
そうなると今週末の桜には間に合わなくなるので、ヨドバシで新レンズを値切って買って、キタムラに旧レンズを買い取って貰いました。

現時点でのF017のネット最低価格は75,330円、ヨドバシはそれにポイント分を上乗せした83,700円。
交渉の結果、79,800円まで下げて貰ってポイント10%、実質71,820円でお買い上げ。

で、新レンズを持って帰って、すぐさま旧レンズを持って再びアキバへ。今度はキタムラの中古買取りセンター(^^)v

キタムラではネットであらかじめ買取価格を調べて上限は25,200円。
こういう時のために(笑)大事に使っていて傷もないし、備品は箱、保証書はもちろんレンズを包んであったビニール袋に至るまでちゃんと保管してあります。

予想通りの満額回答で71,820円-25,200円=46,620円
一緒に購入した保護用のフィルターも入れれば実質50,000円の持ち出しとなりました。

くぅぅ~(>_<)
春はいろいろ物入りだってのにこの5万は痛いわぁ~。
タムロンさん、発売したての高いレンズ買ったんだから、せめて今度のレンズは最低5年くらいはリニューアル勘弁してね(笑)

キタムラから帰って早速試し撮り……と言ってもマクロレンズで撮るようなものが家の中にないので、近所に咲いていた河津桜を撮って来ました。

あいにく曇り空だったので露出補正でかなり明るくしてあります。
2016_03_21_02
2016_03_21_03
2016_03_21_04
2016_03_21_05
マクロ写真は狙った一点だけクッキリしていれば後はボケボケでOK(^^)v

マクロレンズはMFで三脚使用が原則ですが、今は三脚不可の場所も多いですし、ワタシのような三脚ギライもいることですし(笑)
前に一度MFに挑戦してみたんですが、慣れてないせいもあってほとんど全滅(⌒-⌒; )
AFで撮った写真の方がうまく撮れてました。

新しく加わった(らしい)手ぶれ補正(というよりシフトぶれ補正)の効果はよくわからなかったんですが(をい)
この分ならAF+連写でなんとか行けると思います(あくまでも自分比ですけど)

今年の春は元を取る意味でも(笑)花写真は90mmマクロ一択ですな。
コレ絶対choviさんが速攻でチャチャ入れに来るんだろうなぁ(⌒-⌒; )

ニコンから1月末にお知らせがあったのですが、3月1日にNIKKORレンズの価格改定が実施されました。
まあこのところの円安でいつかは来るだろうとは思ってたんですけどね(;´Д`)

で、二月末ギリギリまで迷ってたのがニコンの60mmマクロレンズを買うかどうかということ。



マクロレンズはタムロン90mmがあるんですが、これだと室内では距離が長すぎて使いづらく、また大きな花(アジサイ等)にはちょっち向かないという欠点があるんですね。

前々から評判のいいニコン60mmマクロが気になってはいたんですが、コレを現時点で買っても使う機会が少ないだろうとというのが最大のネックでした。
それにも増してこのレンズ、2008年の発売ということでひょっとしたらそろそろリニューアルの可能性もあるのかも?という気持ちもありまして……結局購入は見送りました。

そしたらやっぱり来ましたわ>リニューアル!!!

けど予想していたニコン60mmマクロではなくて買ったばかりのタムロン90mmマクロ(F004)の方のリニューアルでした(爆)


しかしね、去年買ったF004、まだ2012年に発売されたばっかの比較的新しいレンズなんですよぅ~(>_<)
買うときも手ぶれ補正ナシの旧型か補正ありの新型か、さんざん迷ったんですが、三脚持って歩かないワタクシには補正はやっぱ必須ということでお値段のはる新型を購入したわけなんです。
設計の新しいレンズなら長く使えるだろうという目算もありました。

なのに発売されてたった4年足らずでリニューアルなんて、そりゃないでしょう~~~o(>_<)o

しかも今回のリニューアルで強化されたのがワタシが一番気にしていた手ぶれ補正の強化っつヤツ(笑)でして。
デザインに至っては完全にこっちの方が好み(笑)
今持っているモデルは正直デザインだっさいなぁ~なんて思ってたんですが、今回のリニューアルではどちらかというとシグマのレンズを連想させるスッキリした感じになりました。

こんなに早くリニューアルされるんなら、お手頃価格の旧型の手ぶれ補正ナシの方にしておけばよかった……。
それか補正アリでも中古のレンズにしておけばよかった……

なんて考えが頭の中をグルグル回る始末でして(^◇^;)

で、今アタクシの耳元では天使とアクマの声が囁き合っているわけなのでございます(爆)

アンタの撮る写真なんて手ぶれ補正強化されようがされまいが、レンズ換えただけでそんなに変わるわけないって!!
新しいレンズが出る度に買い換えてたらお金いくらあって足りないよ? やめとけ、やめとけ

という常識的な天使様の声と

ホレホレ、なんだかんだ言ってても気になって仕方ないんだろ?(σ・∀・)σ
写真なんて究極の自己満足なんだから自分が欲しいと思ったレンズが一番なんだよ。
もうすぐ桜が咲くぞ、藤も来るぞ、薔薇も控えてるぞ。
新しいレンズで撮りに行きたいんだろう~?(^^)v

というアクマの声がせめぎ合っているのでございます(;^_^A

まあ、今は発売されたばかりのご祝儀価格ですから、もう少し様子を見よう……なんて自分をごまかしてはいるんですけどね。

早いとこ価格comとかでF004とF017の手ぶれ補正の効果の差とかレビューしてくれないかなぁ。
それほどの差が感じられないならあっさりスルーできるんですけどねぇ(^◇^;)

つーわけで価格comのレビューコーナーをしょっちゅう覗いている今日この頃なのでありました。

↑このページのトップヘ