つれづれなるままに

一眼レフ 永遠の初心者(^o^)・KAZUの写真日記

カテゴリ: 写真

消費を促進するため、イベントの定着を狙う企業の思惑もあってか(笑)年々派手になっていくハロウィン(10年くらい前にはハロウィンなんてハの字も出てこなかったんですけどねぇ)(^◇^;)
ま、そのおかげで西洋館の飾り付けも気合いが入ってます(*^^)v

今年は各々の西洋館で飾り付けられた部屋数は少なめでしたが、その分内容は濃かったように思います。
まあ毎年通ってると去年のグッズの使い回しなんかにも気付いてしまうわけで(;^_^A
でも去年とは違う使い方がされていて、知恵を絞ってるんだなぁと製作した方々の苦労が忍ばれました。

山手西洋館のイベントは入場料がタダなので、写真を撮りに行く身としては非常に有り難いです。
西洋館専用レンズと化しているシグマ18-35mm、今回も大活躍してくれました(^^)
2018_10_21_16
2018_10_21_17
2018_10_21_18
2018_10_21_19
2018_10_21_20
2018_10_21_21
2018_10_21_22
2018_10_21_23
2018_10_21_24
2018_10_21_25
2018_10_21_26
2018_10_21_27
2018_10_21_28
2018_10_21_29
2018_10_21_30

昨日の秋バラは不完全燃焼だったもんで(笑)今日は気合いを入れて、横浜山手西洋館のハロウィン装飾を撮りに行ってきました(*^^)v

ハロウィンの装飾は昨日から始まってるんですが、初日は混むかなぁと思って2日目狙い(笑)
それが功を奏したのか、いつもよりは空いていて撮りやすかったです♪ ま、朝イチで飛び込んだせいもあるとは思いますけどね(^^)
2018_10_21_01
2018_10_21_02
2018_10_21_03
2018_10_21_04
2018_10_21_05
2018_10_21_06
2018_10_21_07
2018_10_21_08
2018_10_21_09
2018_10_21_10
2018_10_21_11
2018_10_21_12
2018_10_21_13
2018_10_21_14
2018_10_21_15

ようやく秋らしい気候になってきた今日この頃(*^^)v
本日はもはや定番と化しつつある(笑)秋のバラを撮りに千葉の京成バラ園へと出かけてきました。

で、しょっぱなから言うのもなんなんですが、今年の秋バラは不作であります(;^_^A
ぢつは先週末は、秋バラの様子見ということで谷津のバラ園に行ってきたんですよね。
なのになんでその時の写真をアップしなかったかと言うと、気に入った写真が撮れなかったから(__;)

ワタクシすっかり失念していたんですが、谷津バラ園は近くに野鳥が見られる干潟があったりします。つ~ま~り~海の近くに位置しているということ。

それがバラの不作とどーゆー関係があるの?と思われるでしょうが、思い出して下さい(ーー;)
都内でも多くの被害を出した台風24号のことを!!
あの時の暴風雨とそれによってもたらされた塩害でバラも大きな打撃を受けてしまっていたんです。谷津バラ園では半分近くが塩害の影響で樹木がやられてしまい、かなり情けない状態になっていました。
被害を免れた品種も、やはり影響ゼロとは行かないらしく花そのものに元気がない……(T-T)
で、結局一時間くらいで引き上げることになりました。

京成バラ園は海が近いというわけではないので影響は少ないかな~と思ったんですが、谷津ほどではないにしろ塩害の被害は出ていました。
ちゅうわけで、いつもなら大量に撮りためたバラ写真の中からよりによってアップするんですが、今回は少しはマシかなぁ?と思える中から選ぶハメになりました(;´Д`)

まあバラという花はデリケートに出来てますから、こういう場合被害も大きいんだと思います。
これから始まる紅葉は大丈夫でしょうかね(;^_^A

2018_10_20_01
2018_10_20_02
2018_10_20_03
2018_10_20_04
2018_10_20_05
2018_10_20_06
2018_10_20_08
2018_10_20_09
2018_10_20_10
2018_10_20_11
2018_10_20_12
2018_10_20_13
2018_10_20_14
秋バラのシーズンということで、今日と明日は早朝7時から開園。
朝日を浴びて輝くバラってのが撮りたかったんですが、あいにく午前中は曇りがちなお天気でイマイチでした(^◇^;)
で、そろそろ引き上げようかな~と思ったら晴れてくるんですもん。う~む、今年の秋はどうやらバラに嫌われてしまったようです(笑)

今日は先日購入したAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRの試し撮りのために、久々の新宿御苑へとお出かけ(*^^)v
暑さを避けて、ひと夏こもっていたので、足慣らしと先日買った新しいウォーキングシューズの靴ならしも兼ねてます(笑)

でも久しぶりの新宿御苑は台風24号の強風のせいか、あちこちで被害が出てました('A`|||)
御苑は巨木が多いんですが、根元から避けてたり、根こそぎ倒れて近くの歩道のアスファルトまで剥がれてたり……。
改めて台風の風の怖さを知った気分デス(;^_^A

さてメインの用である試し撮り。
主に野鳥を撮るために購入した望遠レンズではありますが、本日は残念ながら野鳥は一羽も撮れませんでした(^◇^;)

まあ、まだ落葉も始まっていないのでワタシのようなシロートには、見つけること自体無理なんですけどね。
それにワタシのバヤイ、『野鳥を撮る』というよりは『野鳥様に撮らせていただく』といった方が正しいと思います(笑)
たまたま野鳥様が撮ってもいいわよ~という気分になって近くに寄って下さった場合に限り撮れるという状況でして。
今日は野鳥様はその気分ではなかったようです(爆)

なので、とりあえず植物や風景などを試し撮り。

2018_10_08_01
2018_10_08_02
2018_10_08_03
第一印象としては、やっぱAFが早いということ。
ネットでは爆速との噂でしたが、確かに早いです。これが上位機種のD7500当たりならもっと強く感じたかもしれませんが、D3300でも十分早い。
まあ今まで使っていたシグマ18-300mmは、あまり早いとは言えないので、余計その差を感じたのかもしれませんけどね(^◇^;)

シグマと違ってマクロレンズではないんですが、1.1mまで寄れるので望遠端を使って花のアップを撮るのも可能です。
暗いレンズですけど、望遠端なら結構ボケます。絞り開放で撮ると上の花を撮った2枚のようになります。

後、家に帰って実際の画像を見て思ったんですが、シグマ18-300mmに比べると明るく写りますね。
今日は雲が多くて、お世辞にも明るいとは言えない天気。
曇天の場合、シグマで撮った時は露出補正+して、場合によっては画像編集で明るさ調節してました。

しかしNikonの場合、三枚とも露出補正なしで十分鑑賞に堪える状態です。
AFも早いし、写りもいい、それに軽い。お値段以上のお値打ちレンズだと思いました(*^^)v
御苑のお散歩では広角を使うことはまずないので、コレ1本でいけそうです。でもそうなるとシグマ18-300mmの出番がなくなってくるかなぁ(^◇^;)

でも今日御苑を歩き回ってて、やっぱりシグマ100-400mmにしなくてよかったと思いましたよ。
アレを持って2時間歩き回るのはキツイです(;^_^A

やっぱりワタシにとって軽さは正義!(笑)
ちゅうことでカメラ本体もD7500は諦めて、次に出てくるであろうD5700を待とうと決めました。
年内に出るかなぁ。出ればいいなぁ。

今日は朝から曇りがちのお天気。
でもアジサイを撮るには、晴れより雨の日が向いてるんですよね(笑)
都内でアジサイを撮るのなら、おそらく今日が最後のチャンスと思い、朝イチで文京区の白山神社まで行って来ました(*^^)v

今まで白山神社に行くときは、花撮り専用の90mmマクロを持って行ってました。
でも台風の影響で大雨になる可能性もあり、またアジサイは大きいので90mmだと距離が長すぎるんですよね。
かといって標準レンズの18-55mmは暗いレンズなので、イマイチかなぁといろいろ迷いまして……。

ちゅうわけで今回は久々に使い回しが利きそうなStylus 1sを持ち出してみました。
Stylusはコンデジとは言え、F2.8通しの明るいレンズですし、焦点距離も28-300mmありますからね。

ただ一つ気になっていたのは、コンデジのセンサーでアジサイの微妙な青から紫の色具合が表現できるか?ということでした。
で、結果から言うと、やっぱり厳しかったですね(^◇^;)

白やピンク、単純な青などは問題なかったんですが、青と紫が混ざり合っているような微妙な青が出ないんですよね。単純な青になってしまう……(__;)
ホワイトバランスは曇天にしてたんですが、やはり微妙な紫に苦戦してしまいました。
こういうところでコンデジと一眼の差が出てしまうんですねぇ(;´Д`)

2018_06_10_01
2018_06_10_02
2018_06_10_03
2018_06_10_04
2018_06_10_05
2018_06_10_06
2018_06_10_08
2018_06_10_09
2018_06_10_10
2018_06_10_11
2018_06_10_12
2018_06_10_13
2018_06_10_14

↑このページのトップヘ